• ホーム
  • AGA治療のプロペシアは育毛担当

AGA治療のプロペシアは育毛担当

2019年08月29日
脱毛を心配する男性

薄毛治療において大切な項目があり、それは育毛と発毛を同時に行うことになります。
育毛というのは、髪を育てることであり、それは脱毛予防まで及びます。
すくすくと育てるために髪に良いことをして、頭髪の成長を促します。
また発毛というのは、そのまま頭髪を生やすことになります。
この二つの観点を同時に行うのが、AGA治療になります。

AGA治療で良く聞かれるようになった治療薬はプロペシアです。
CMでも良く見かけるようになった治療薬であり、薄毛に悩んでクリニックに行くのであれば、このプロペシアが治療薬として処方されます。
このプロペシアは育毛の観点で影響を及ぼし、脱毛予防をし、髪の毛を育てる効果があります。
AGAは脱毛の原因となる男性ホルモンによって頭髪が抜けていきます。
その脱毛原因がある男性ホルモンの産生を防ぐ効果がプロペシアにはあります。
よってAGA治療には欠かせない治療薬です。

そもそもこのプロペシアは、男性だけがなる前立腺肥大に用いられていた治療薬であり。
その副作用として頭髪が濃くなったことで、AGA治療薬に用いられるようになりました。
どのようなメカニズムとプロセスを経て頭髪が濃くなり、育毛効果があるのかはまだ研究段階でありますが、重篤な副作用もまれに報告されていますが、多くの薄毛に悩むAGA患者さんに副作用がなく、安心して服用できる治療薬になっています。

ここで大切なのは、すべての薄毛に悩む人に効く薬がプロペシアではありません。
またこの治療薬は女性には服用はもちろん、触れることも禁忌されており、服用してはならない薬です。
このようなこともありますので、まず服用する場合はクリニックにいって、自分の薄毛の原因がAGAであることを診断してもらってください。

このプロペシアに限ったことではありませんが、医薬品は通販で購入することも可能です。
個人輸入の形をとって通販を行うわけですが、まとめ買いも可能となっていますので長く使うプロペシアは通販でまとめ買いがお得です。
興味のある方はリンク先を是非チェックしてみてください。